News サッカーニュース

レアルが最前線補強へ!セビージャと合意していたマリアーノを土壇場で横取り

2018年8月29日(水) 11:31 

 


レアル・マドリーは、リヨンFWマリアーノ・ディアスの獲得を決めたようだ。スペイン複数メディアが一斉に伝えている。

レアルの下部組織出身であり、2016年にトップチームデビューを果たしたマリアーノ。トップチームでは14試合5ゴール2アシストを記録していたが、翌シーズンにリヨンへと移籍した。

フランスの強豪ではエースとして活躍し、公式戦48試合で21ゴール7アシストと見事なパフォーマンスを披露するマリアーノには、多くのクラブが関心を示していた。中でもセビージャが獲得に熱心であり、クラブ史上最高額の総額3500万ユーロ(約45億円)で合意したと見られていた。

しかし、レアルが土壇場でこの争奪戦を制したようだ。レアルは、2017年にリヨンへマリアーノを放出した際、他クラブと合意した同額を支払えば優先的に獲得できるオプションを付けていたという。さらに、リヨンが他クラブへ売却した際、移籍金の35%を受け取る条件も結んでいたようだ。つまり、ロス・ブランコスは2275万ユーロ(約30億円)でドミニカ共和国代表FWを獲得する見込みのようだ。

セビージャ会長は「レアル・マドリーが買い取りオプションを持っていた。選手は何度もセビージャでプレーしたいと言っていたが、今は連絡はない。レアル・マドリーは行使した。腹を立てているかって? いや、まったく。これがフットボールであり、仕事を続けなければならない」と語っている。

クリスティアーノ・ロナウドを放出し、最前線の駒が不足していたレアル。土壇場で下部組織出身のマリアーノを再びチームに引き入れることとなったようだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング