News サッカーニュース

“ヤングなでしこ”U-20日本代表がW杯初制覇…3ゴールを奪いスペインに雪辱

2018年8月25日(土) 23:19 

 


U-20女子日本代表“ヤングなでしこ”が初のU-20ワールドカップ制覇を成し遂げた。

フランスで行われたU-20ワールドカップで初の決勝進出を果たした日本代表。24日の決勝戦では、グループリーグ第2戦目で敗れたスペイン代表と対戦した。

徐々にスペイン代表が試合の主導権の握る中、先に試合を動かしたのは日本代表。38分に宮澤ひなたがペナルティエリア外、中央やや右寄りからミドルシュートを放つと、ボールは相手GKの頭上を超え、ゴール左隅に吸い込まれ、先制点をマーク。その後はGKスタンボー華を中心にスペイン代表の反撃を抑え、日本代表が1-0で前半を折り返す。

迎えた後半、日本代表がまたしても試合を動かす。57分に植木理子のポストプレーからボールを受けた宝田沙織がドリブルでペナルティエリアに侵入すると、落ち着いてゴール右隅に流し込み、日本代表が2点にリードを広げる。

さらに、8分後に右サイドをドリブルで駆け上がった宝田からのボールをペナルティエリア内で受けた長野風花がそのまま右脚を振り抜き、チーム3点目となるダメ押しゴールを奪った。その後、スペイン代表に1点を返されるも、3-1で逃げ切った日本代表が初の世界一に輝いた。

■U-20女子ワールドカップ決勝
U-20スペイン代表 1-3 U-20日本代表

得点者
スペイン代表:アンドゥハル(71分)
日本代表:宮澤ひなた(38分)、宝田沙織(57分)、長野風花(65分)

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング