News サッカーニュース

ジダンのマンチェスター・U就任にクラブOBが太鼓判「選手と監督で成功を収めた彼は理想的な候補だ」

2018年8月22日(水) 23:39 

 


ジネディーヌ・ジダン氏はマンチェスター・ユナイテッド指揮官の“理想的な候補者”とクラブOBのリー・シャープ氏が語った。

ジョゼ・モウリーニョ監督が3シーズン目を迎える中、今夏のプレシーズンから補強で苦戦を強いられたマンチェスター・U。開幕から2戦目にして早くも黒星を喫するなど不穏な空気がクラブ内に漂っている。先日、イギリス『PA通信』で同指揮官はクリスマス前までに解任されると予想したシャープ氏は、イギリス『トーク・スポーツ』でさらに苦言を続けた。

「今、モウリーニョは試されている状態だ。彼はこのクラブに来てから幸せそうに見えない。マンチェスター・ユナイテッドにはプランが全くないようで、彼らの進むべき方向を誰もわかっていないようだ。以前に耳にしたことがあるが、監督は試合の前にどのように戦えば良いのかを選手たちに具体的に伝えていないらしい。彼はただ選手たちを選んで、ピッチでのことは彼らに任せきっている」

「夏に希望した選手を獲得できなかったことに彼は拗ねているようにも映る。選手を元気づけ、自信を与えるのではなく、そのような姿勢を見せることはチームのモラルにとって良いことだとは到底思えない」

また、モウリーニョ監督の後任として、マンチェスター・Uがジダン氏と接触しているのではないかとの憶測が流れる中、シャープ氏はチャンピオンズリーグ3連覇に加え、1度のリーガ・エスパニョーラ優勝をもたらし、今夏にレアル・マドリーを離れたフランス人指揮官が適任だと考えているようだ。

「ジダンはクラブが求めている理想の人物像だ。高いレベルでプレーし、高いレベルで指揮も執った。そして、その両方で成功を収めた。彼は大きなプレッシャーがかかるこのクラブでも上手くチームを管理できる十分な人間だ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング