News サッカーニュース

今季初黒星のモウリーニョ、ミス連発に落胆…選手批判には「良からぬ方向へ誘導しないでくれ」

2018年8月20日(月) 23:53 

 
マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、大きなミスの代償を払ってしまったと敗戦に肩を落とした。

19日に行われたプレミアリーグ第2節で、マンチェスター・Uはブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。前半のうちに3失点を許すなどディフェンス面での脆さが目立ったマンチェスター・Uは、ロメル・ルカクやポール・ポグバのゴールで1点差まで迫るものの及ばず、2-3で敗れた。

試合後、今シーズン初黒星を喫したモウリーニョ監督は、イギリス『スカイスポーツ』で「ミスが多すぎて、その代償を払ってしまった。時々ミスがあっても何も起きないことがあるが、今日は全てのミスで罰を受けることになった」と振り返った。

「ハーフタイムや後半には修正を試みた。しかし、積み重なったミスとその代償がブライトンのような良いチームに自信を与え、我々から自信を奪ってしまった。はっきり言ってあれだけ大きなミスを私は予想していなかった。自信を無くし、試合の方向性を見失ってしまった。勝利を目指してここにやって来たが、突如として0-2にされ、1点返してもミスから3失点目を許した。選手たちは本当に、本当に、本当に落ち込んでいた」

一方、昨シーズンはポグバやルーク・ショーをメディアの前で非難し、両選手らとの対立を報じられたモウリーニョ監督だが、この試合後には直接選手を非難することを避けた。

「個々のパフォーマンスや選手について話せば君たちは騒ぎ立て、メディアや解説陣は大抵の場合私を非難する。お願いだからそのような質問をしないでくれ。反対にパフォーマンスが良かった時に彼らのプレーについて話すことは問題ない。カメラの前で喜んでAやB、Cの選手が素晴らしかったと話す」

「でも、そうできなかったときに無理に私を良からぬ方向へ誘導しないでくれ」

マンチェスター・Uは、27日の次戦でホームにトッテナムを迎える。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング