News サッカーニュース

長谷部先発の昨季王者フランクフルトがまさかの敗退…大迫は最初の公式戦でゴール/DFBポカール1回戦

2018年8月19日(日) 0:58 

 
DFBポカール1回戦が18日に各地で行われた。

日本代表FW大迫勇也が加入したブレーメンは4部のヴォルマティア・ヴォルムスと対戦。大迫が開始9分でFKからヘディングで押し込み、先制点を挙げる。今シーズン最初の公式戦でブレーメンは、大迫のゴールで口火を切ると、前半だけで5点を挙げ、5-1とリード。すると、大迫は後半に代わり、お役御免。その後、1点を加えたブレーメンは6-1と大勝で、1回戦を突破している。

一方、長谷部誠が先発したフランクフルトは、4部のウルムを相手に後半開始早々、先制点を許す。さらに、75分に追加点を奪われ、万事休すに。アディショナルタイムに1点を返すが、1-2で終了。ディフェンディングチャンピオンがまさかの1回戦敗退に終わっている。

ブンデスリーガ王者バイエルンは4部のドロホターゼン・アッセルと対戦。終盤までスコアレスで推移し、苦戦するが、82分にエースのロベルト・レヴァンドフスキが待望の先制点を奪う。その1点を守りきったバイエルンが辛くも1回戦を突破している。

なお他の1部クラブでは、レヴァークーゼンやヴォルフスブルク、ニュルンベルクが格下を相手に辛勝、ホッフェンハイムは3部のカイザースラウテルン相手に6-1と大勝を収めている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング