News サッカーニュース

バルセロナがビダル移籍合意を発表!夏の補強総額は164億円に

2018年8月4日(土) 9:18 

 
バルセロナが、アルトゥーロ・ビダルの移籍でバイエルン・ミュンヘンと合意に達した。

2015年からバイエルンでプレーするビダル。ここまで公式戦124試合に出場するなど、ブンデスリーガ3連覇など多くのタイトル獲得に貢献してきた。しかし、ドイツ代表MFレオン・ゴレツカがフリーで加入したバイエルンは、人員整理のためにビダルの移籍を容認すると見られており、これまではインテルが最も獲得に近づいていると報じられてきた。

だが、チリ代表MFを獲得したのはバルセロナだった。クラブは、2000万ユーロ(約26億円)で移籍に合意したことを発表。数日中にメディカルチェックを受け、3年契約を締結することになる。

バルセロナは公式HPで「バルセロナとバイエルン・ミュンヘンは、アルトゥーロ・ビダルの移籍で合意に達した。アルトゥーロ・ビダルとの合意は今後3年間で、パスするであろうメディカルチェックは近日中に行われる。同選手の到着を近々発表できるだろう」

パウリーニョやアンドレス・イニエスタを放出し、中盤の選手を求めるバルセロナが、チリ代表の31歳MFの獲得に成功している。なお、MFラフィーニャは再びインテルにレンタルされる可能性もあるようだ。

バルセロナにとって、これが今夏4人目の契約。ビダルに加え、MFアルトゥール、DFクレメント・ラングレ、FWマウコムの獲得に総額1億2790万ユーロ(約164億円)を費やしている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング