News サッカーニュース

[結果]W杯ラウンド16 日本2-3ベルギー 西野ジャパン、0-2からの逆転負けで敗退が決定

2018年7月3日(火) 5:01 

 Photo:Getty Images
[後半総括]
後半開始から日本は猛攻を仕掛けた。後半3分に柴崎の絶妙なスルーパスに抜け出した原口が右足で決めると、その4分後には乾が無回転の強烈なミドルシュートを突き刺し、リードを2点に広げた。

しかし、ベルギーはフェライニの投入を契機に攻勢を強めていく。後半24分にフェルトンゲンのヘディングシュートで1点を返し、後半29分にはフェライニが圧巻の高さを見せつけ、ヘディングで同点弾を決めた。

その後は一進一退の展開に。中盤が間延びし、互いにチャンスを作り合う。日本は本田の直接FKなどでゴールへ迫ったが、クルトワの牙城を崩しきれなかった。

勝負が決まったのは後半アディショナルタイム。ベルギーは日本のCKからカウンターを仕掛ける。的確にパスを繋いでボールを進めると、最後はムニエのクロスにシャドゥリが合わせ、決勝点を挙げた。

結果的に、日本は0-2からの逆転負け。悲願のW杯ベスト8進出を果たすことはできなかった。

試合終了。日本は2-3でラウンド16敗退に。

後半49分 2-3
【ベルギー GOAL】
日本のCKからベルギーのカウンター。クルトワのキャッチからボールをつなぎ、最後はムニエのクロスをシャドゥリが押し込んだ

後半48分 2-2
【日本】
本田が無回転のFKを放つが、クルトワの冷静なセーブに阻まれた。

アディショナルタイムは4分

後半43分 2-2
【ベルギー】
フェルトンゲンが強烈なミドルシュートを放つが、川島が横っ飛びで防ぐ。

後半41分 2-2
【ベルギー】
サイド攻撃からベルギーに決定機。二度のヘディングシュートを放つが、川島がビッグセーブを見せた。

後半39分 2-2
【日本】
香川のパスを受けた本田がシュートを放つが、わずかにゴール左へ外れた。

後半36分 2-2
【日本 選手交代】
柴崎→山口
原口→本田

後半29分 2-2
【ベルギー GOAL】
アザールが左サイドで仕掛け、左足のクロスを上げる。ペナルティーエリア内でフェライニが頭で合わせ、ベルギーが同点に追いついた。

後半28分 2-1
【ベルギー】
カウンターから決定機。最後はデ・ブルイネがシュートを放つが、昌子のブロックに阻まれた。

後半24分 2-1
【ベルギー GOAL】
CKの流れからこぼれ球をフェルトンゲンがゴール前へ送る。そのボールがゴールへ吸い込まれれ、ベルギーが1点を返す。

後半24分 2-0
【ベルギー】
ムニエのクロスにルカクが合わせるが、吉田のブロックに防がれる。

後半20分 2-0
【ベルギー 選手交代】
メルテンス→フェライニ
カラスコ→シャドゥリ

後半17分 2-0
【ベルギー】
ムニエのクロスをルカクがヘディングで合わせるが、シュートはわずかに左へ外れた。

後半7分 2-0
【日本 GOAL】
日本に追加点。相手DFのクリアを拾った香川が乾へ渡す。乾は右足でミドルシュートをファーサイドへ決める。クルトワが飛びついたが、わずかに届かなかった。

後半4分 1-0
【ベルギー】
右サイドからのクロスをアザールがダイレクトで合わせる。しかし、シュートは右ポストに弾かれた

後半3分 1-0
【日本 GOAL】
柴崎のスルーパスに原口が抜け出す。原口はペナルティーエリア内右45度から右足を振り抜き、シュートはファーサイドに突き刺さった。

後半開始。日本ボールでキックオフ。

[前半総括]
序盤の10分間、主導権を握ったのは日本。大迫が最前線で起点となり、リズムの良い攻撃を見せる。開始早々には香川が左足でミドルシュートを放ったが、わずかにゴール左へ外れた。

その後は地力で勝るベルギーの攻勢が続く。デブライネのセットプレー、ルカク、アザールの個人技からチャンスを作り出されたが、日本は瀬戸際で守備陣が体を張り、得点を許さなかった。

粘り強い守備を見せた日本は攻撃でも見せ場を作る。左サイドから攻撃を仕掛け、乾、大迫に得点チャンスが生まれたが、仕留めることができなかった。

日本はビルドアップのミスからピンチを招く場面もあったが、最終ラインが粘りを見せて、前半をスコアレスで折り返した。

前半終了。0-0でゲームは後半へ

前半44分 0-0
【日本】
長友のクロスがペナルティーエリア内でフリーの大迫に渡るが、ボールを収めきれず、GKに処理される。

前半40分 0-0
【日本 警告】
柴崎にイエローカード

前半36分 0-0
【ベルギー】
日本の軽率なパスミスからベルギーに決定機。アザールがシュートを放つが、吉田がシュートをブロックした。

前半31分 0-0
【日本】
香川のヒールパスを受けた長友がクロスを上げる。ペナルティーエリア内で乾がヘディングシュートを放つが、GKにキャッチされる。

前半27分 0-0
【ベルギー】
アザールが左足で強烈なシュートを放つが、川島が落ち着いてパンチングで防ぐ。

前半26分 0-0
【ベルギー】
メルテンスのクロスから吉田とルカクが交錯。ペナルティーエリア内でルーズボールになるが、川島がキャッチする。

前半21分 0-0
【ベルギー】
メルテンスのパスを受けたルカクがシュートを放つが、長友にブロックされる。

前半16分 0-0
【ベルギー】
ヴィツェルがペナルティーエリアの外からミドルシュートを放つ。シュートはDFに当たりCKへ

前半10分 0-0
【ベルギー】
デ・ブルイネが浮き球のスルーパスを送るが、メルテンスには届かず。

前半7分 0-0
【日本】
柴崎のスルーパスに乾が抜け出し左足でクロスを送るが、ペナルティーエリア内で相手DFにクリアされる。

前半1分 0-0
【日本】
ファーストシュートは日本。相手のクリアを拾った香川が左足でミドルシュートを放つが、わずかに枠を外れた。

前半0分 0-0
ベルギーボールでキックオフ、試合開始

[試合前の状況]
相手は本気モードのFIFAランク3位。カギは「先制点を奪われないこと」

 日本は香川真司ら複数の主力をポーランド戦で温存。あらためてフレッシュな状態でこのベスト16を戦えることは好材料だ。ただし、ベルギーもグループステージ第3節でルカク、E.アザール、デブライネらを温存した。薄氷を踏むような戦いぶりで決勝トーナメント進出を決めた日本に対し、ベルギーは余裕の戦いぶりで突破。戦前の予想は圧倒的不利である。

 西野朗監督も、敵の心情をこう読む。「ベルギーはここからが本当のW杯だと思っているだろう」。盤石な戦いぶりを続けるFIFAランク3位のチームの本気モードはベスト16から。ほかの試合を見ていても、明らかにグループステージとはプレー強度もスピードも一段レベルを上げている国が目立つ。おそらくベルギーも、ギアをさらに入れてこの試合に臨んでくる。「(ベルギーは)強い。ビッグクラブでプレーしている選手ばかりで、タレントもそろっている」。ベルギーの主力が多くプレーするプレミアリーグで普段からしのぎを削る吉田麻也が、実感を込めて強調する。

 つけ入るスキは、果たしてあるのか。「封じる方法があるように見えて、ないチーム。だから僕らは基本的なことをしっかりやっていくしかない」。酒井宏樹は相手との実力差を認めつつ、蛮勇になることなく、しっかり現実的な視点でこの対戦を見ている。一方で敵の実力を肌で知る吉田は、勝機をこう見据える。「ベルギーは個が非常に優れているが、グループとしてスキがある。日本は攻撃も守備も人数をかけて、もしくはうまく頭を使いながらチャンスを見いだしたい」。

 ここで勝利すれば、日本は新たなる扉を開くことになる。カギは「先制点を奪われないこと」(吉田)。拮抗した展開に持ち込めば、しぶとい戦いができることはセネガル戦でも証明している。勝つためには、とにかく粘り強く戦うこと。ポーランド戦で世界から浴びた批判。今度はベルギーを倒す番狂わせを起こし、驚きの視線を集めたい。(文・西川 結城)

[日本代表]
スターティングメンバー
GK
1 川島 永嗣(メス/FRA)
DF
3 昌子 源(鹿島)
5 長友 佑都(ガラタサライ/TUR)
19 酒井 宏樹(マルセイユ/FRA)
22 吉田 麻也(サウザンプトン/ENG)
MF
7 柴崎 岳(ヘタフェ/ESP)
8 原口 元気(ハノーファー/GER)
10 香川 真司(ドルトムント/GER)
14 乾 貴士(ベティス/ESP)
17 長谷部 誠(フランクフルト/GER)
FW
15 大迫 勇也(ブレーメン/GER)

サブメンバー
GK
12 東口 順昭(G大阪)
23 中村 航輔(柏)
DF
2 植田 直通(鹿島)
6 遠藤 航(浦和)
20 槙野 智章(浦和)
21 酒井 高徳(ハンブルガーSV/GER)
MF
4 本田 圭佑(パチューカ/MEX)
11 宇佐美 貴史(デュッセルドルフ/GER)
16 山口 蛍(C大阪)
18 大島 僚太(川崎F)
FW
9 岡崎 慎司(レスター/ENG)
13 武藤 嘉紀(マインツ/GER)

監督 西野 朗

ベルギー代表
スターティングメンバー
GK
1 ティボー クルトワ (チェルシー/ENG)
DF
2 トビー アルデルバイレルト (トッテナム/ENG)
4 バンサン コンパニ (マンチェスターC/ENG)
5 ヤン ベルトンゲン (トッテナム/ENG)
15 トーマス ムニエ (パリSG/FRA)
MF
6 アクセル ビツェル (天津権健/CHN)
7 ケビン デブライネ (マンチェスターC/ENG)
11 ヤニック カラスコ (大連一方/CHN)
FW
9 ロメル ルカク (マンチェスターU/ENG)
10 エデン アザール (チェルシー/ENG)
14 ドリース メルテンス (ナポリ/ITA)

サブメンバー
GK
12 シモン ミニョレ (リバプール/ENG)
13 クーン カステールス (ボルフスブルク/GER)
DF
3 トーマス ベルマーレン (バルセロナ/ESP)
20 デドリク ボヤタ (セルティック/SCO)
23 レアンダー デンドンカー (アンデルレヒト
MF
8 マルワヌ フェライニ (マンチェスターU/ENG)
16 トルガン アザール (ボルシアMG/GER)
17 ユーリ ティーレマンス (モナコ/FRA)
19 ムサ デンベレ (トッテナム/ENG)
22 ナセル シャドリ (WBA/ENG)
FW
18 アドナン ヤヌザイ (ソシエダ/ESP)
21 ミチー バチュアイ (ドルトムント/GER)

監督ロベルト マルティネス

(提供元:速サカ編集部)

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング