News サッカーニュース

スペイン1位通過も…監督は自チームのプレーに満足せず「これが進むべき道ではない」

2018年6月26日(火) 9:21 

 
25日に行われたロシア・ワールドカップのグループB第3節、スペインはモロッコとの試合を2-2のドローで終えた。同時開催のイラン対ポルトガルが1-1のドローで終了したため、スペインが勝ち点5で並ぶポルトガルを総得点で上回り、1位での決勝トーナメント進出を決めている。

1位通過を果たしたスペインではあるが、フェルナンド・イエロ監督はモロッコ戦の内容に不満気だ。カウンターから何度も決定機を許してしまったとして、「これが進むべき道ではない」との見解を示している。

「グループステージの3試合が、要求の厳しいものであることは分かっていた。これだけの苦しみを味わった後だが、私たちは自省するためのキャパシティーを持たなければいけない。これが進むべき道ではないし、あれだけのチャンスを許してはならないんだ。良いことも悪いことも、行ったのは私たち自身なんだよ」

「夢見るところまでたどり着きたいのならば、ディテールを磨かなくてはならない。各チャンスが失点の危機となってしまった。チームは自己批判をし、改善の余地があることを認めなくては。スピードあるトランジションの調整をする必要がある」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング