News サッカーニュース

ローマがアヤックスからクライファートJr.を獲得…移籍金22億円で5年契約

2018年6月23日(土) 23:11 

 
ローマは、アヤックスのジャスティン・クライファート獲得を発表した。

バルセロナなどで活躍したパトリック氏を実父に持つジャスティンは、まだ19歳ながらアヤックスで活躍し、オランダ代表としてもすでにデビューを飾るなど将来が期待されるFW。しかし、同選手は5月にインタビューでアヤックスとの契約延長を拒み、クラブを痛烈に批判。この結果、今夏にクラブを変えることが頻繁に取り沙汰されていた。

オランダでブレイクしたクライファートには、多くのビッグクラブが羨望の眼差しを送っていた。しかし、シーズンが終わると同時に同選手の争奪戦の先頭を走っていたのがローマだ。そして22日、19歳のオランダ代表FWとセリエAのクラブは5年契約を締結。なお、移籍金は1725万ユーロ(約22億円)とされている。

移籍が決定したことを受け、クライファートはローマの公式ウェブサイトで「最高の気分だ。素晴らしいクラブに到着して、ここでスタートを切るのが待ちきれない」と喜びのコメントを残した。

「僕にとってローマは偉大なクラブで、彼らが僕をさらに大きく、たくましい選手に築き上げてくれると思う。それに僕もここで素晴らしいことができると考えている」

一方、スポーツディレクターのモンチ氏は「ジャスティンはヨーロッパフットボール界の中で最も将来が期待される若手の1人だ。多くのクラブとの争奪戦があったが、彼にとってローマは完璧なクラブであるはずだ」と期待を口にした。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング