News サッカーニュース

優勝候補のフランスが豪州に大苦戦…決勝弾のポグバ「本当に困難な試合だった」

2018年6月17日(日) 20:19 

 
16日に行われたロシア・ワールドカップグループC初戦で、フランスがオーストラリアに2-1で勝利した。試合後、ポール・ポグバが苦戦を強いられたゲームを振り返った。

フランスは序盤から攻勢を仕掛けるも、オーストラリアの堅い守備を崩すことができず、前半をスコアレスで折り返した。後半に入ると58分、ポグバの縦パスに抜け出したアントワーヌ・グリーズマンがPA内で倒されてしまう。

主審は一旦プレーを流したが、その後VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で判定するため試合が中断。結果、PA内でファウルがあったとしてフランスにPKが与えられた。このPKを倒されたグリーズマンが落ち着いて決めてフランスが先制に成功した。

その直後に逆にオーストラリアにPKを献上し、同点とされたものの81分、中央でボールを受けたポグバがオリヴィエ・ジルーとのパス交換でPAに進入し、ループシュート。これもゴールラインテクノロジー(GLT)の判定が入ったが、ゴールとなりフランスが逆転。その後の豪州の反撃をゼロに抑えて初戦を白星で飾った。

決勝点をマークしたポグバは、フランス『TF1』を通じ「オーストラリアはとても上手くやっていた。いいチームだったね。初戦で勝利を得ることは非常に重要だったけど、本当に困難な試合だったよ」と、オーストラリア相手に苦戦したことを認めた。

また、ゴールマウスを守ったウーゴ・ロリスは「3ポイントを取ることが不可欠だった。 これでチームにダイナミックさが得られて自信を得ることができるよ」と勝利を喜びつつ、さらなる向上を求めた。

「まだ、すべてが完璧ではない。すべての試合が難しいから、もっとレベルを上げる必要があるね」

フランスは次戦、21日に南米のペルーと対戦する。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング