News サッカーニュース

原口元気が一転してハノーファー加入へ…すでに2021年までの契約を締結済みか

2018年6月11日(月) 12:46 

 
ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表MF原口元気のハノーファー行きが決定したようだ。ドイツ誌『キッカー』によると、原口は2021年までの契約を締結したという。

2017-18シーズンの後半戦はフォルトゥナ・デュッセルドルフで過ごし、FW宇佐美貴史とともに同クラブの1部昇格に貢献した原口は、ブンデスリーガ内で移籍することに。そしてその新天地は、アーセナルからレンタルでFW浅野 拓磨を加えたハノーファーとなる。

すでにヘルタとのクラブ間合意に至っていたと見られるハノーファーだが、原口がロシア・ワールドカップ前の去就決定に難色を示したと報じられ、一時は破談の可能性も浮上していた。しかし、状況はそこから一転してハノーファーは選手側との合意に達し、契約も交わしたようだ。

報道によれば、ハノーファーがヘルタに支払う移籍金は400万ユーロ(約5億2000万円)とのこと。過去には現マルセイユのDF酒井宏樹や、現セレッソ大阪のMF清武弘嗣、山口蛍が所属し、同クラブ4人目となる日本人選手の浅野に続き、原口は5人目に。残すは正式発表のみとなった。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング