News サッカーニュース

酒井宏樹がギャンガン戦で戦列復帰、先発フル出場…マルセイユは敵地で手痛いドロー

2018年5月12日(土) 14:15 

 
現地時間11日、リーグ・アン第37節ギャンガンvsマルセイユの一戦で、酒井宏樹が右サイドバックとして先発フル出場を果たした。

マルセイユは開始2分でヴァレール・ジェルマンがヘディングシュートで先制すると、14分にはフロリアン・トヴァンが追加点を決め、序盤で2点をリードする。

だが42分にギャンガンに1点を返されると、51分にはPKで同点に追いつかれてしまう。2-2で迎えた66分にはGKスティーブ・マンダンダが一対一の場面で相手FWをブロックしたとして退場処分に。これでマルセイユは数的不利に陥り、PKもギャンガンに決められ2-3と試合をひっくり返されてしまった。

窮地に陥ったマルセイユだったが、81分に右サイドからのクロスをトヴァンがダイレクトで合わせ、3-3の同点に追いついた。試合はこのままフルタイムを迎え、マルセイユは数的不利の中なんとかドローに持ち込む形に。4月下旬に負傷し、3週間ぶりに復帰した酒井はフル出場を果たしている。

また、マルセイユは勝ち点を74に伸ばし、試合消化数の少ない3位モナコ(勝ち点74)との3位争いに向けて、望みをつないでいる。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング