News サッカーニュース

バルサ幹部、獲得が噂されるグリーズマンについて「いまは話すべき時じゃない」

2018年5月10日(木) 23:49 

 
バルセロナ幹部のギジェルモ・アモール氏は、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン獲得の可能性への明言を避けている。

グリーズマンは2022年までアトレティコと契約を結んでいる。だがフランス代表FWを狙うバルセロナが、契約解除金1億ユーロ(約130億円)を準備して獲得に動く可能性があるという。

アモール氏は9日にスペイン『Bein Sports』で「グリーズマンはアトレティコの選手だ。バルセロナの選手ではない。我々は今日の試合(ビジャレアル戦)のことだけを考えている。いま、グリーズマンについて話すのは、良いことではない」と述べ、次のように続けた。

「グリーズマンは偉大な選手だ。どのチームに行っても、適応できるだろう」

アトレティコは先日、ミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEOがバルセロナの対応に不快感を示していた。グリーズマンをめぐる移籍騒動は、どのような結末を迎えるだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング