News サッカーニュース

サウサンプトンが残留をほぼ確実に!吉田麻也欠場の大一番でスウォンジーに貴重な勝利

2018年5月9日(水) 6:10 

 
プレミアリーグは8日に第31節の延期分が行われ、サウサンプトンはスウォンジーに1-0と勝利した。

勝ち点33で並ぶ、残留争いを繰り広げる両者の直接対決。この試合が終わると残り1試合、勝ったほうが残留圏内へ、負けたほうが降格圏内へと、まさに命がけの戦いに。サウサンプトンの吉田麻也は、前節の退場でこの重要な試合は出場停止となった。

スウォンジーのホームで行われた大一番は、両者なかなか得点を奪えず。硬い試合展開となる。しかし72分、ガッビアディーニがCKの混戦から押し込み、サウサンプトンが先制。ベドナレクの負傷で4分前にピッチに入ったばかりのイタリア代表FWが、値千金の先制ゴールを叩き込む。

そして、試合はこのまま終了。サウサンプトンがこのゴールを守りきり、敵地で貴重な勝ち点3をもぎ取った。

この結果、サウサンプトンは勝ち点を36に伸ばして16位に浮上。18位に転落したスウォンジーに3ポイント差をつけた。残り1試合で得失点差が「9」離れているため、残留はほぼ確実となった。一方、スウォンジーは残留へ向け絶体絶命の状況となっている。なお、19位のウェスト・ブロムウィッチの降格が決定した。

最終節の相手は、サウサンプトンがマンチェスター・シティ、スウォンジーがストークとなっている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング