News サッカーニュース

You'll Never Walk Alone…重傷の宮市亮にチームメイトから感動のメッセージ

2018年5月7日(月) 10:03 

 
重傷を負った宮市亮にザンクト・パウリのチームメイトたちが心を込めたメッセージを送った。

ザンクト・パウリは6日のブンデスリーガ2部第33節でアルミニア・ビーレフェルトと対戦。今シーズン本拠地でのラストマッチ前、メンバーたちは「宮市亮」と漢字で記された背番号13のユニフォームを着用。通常クラブ名が表記される代わりに「YNWA」(「You'll Never Walk Alone」の頭文字)と記されている。

2015年夏にアーセナルからザンクト・パウリに移籍した宮市は、加入直後に左ひざ前十字じん帯を断裂すると、昨年6月末には右ひざの前十字じん帯を断裂。今年3月末にようやくテストマッチで実戦復帰を果たしたが、先月28日には2軍の試合で昨年5月以来となる公式戦に出場すると、13分に右ひざを痛めた様子で負傷交代を余儀なくされた。

クラブの発表によると、宮市は再び右ひざの前十字じん帯を断裂した可能性が高いとのこと。7日にはさらなる検査のために帰国する予定となっているが、移動日を翌日に控える同選手に、仲間から力強いエールが届けられた。

なお、ザンクト・パウリはホーム最終戦となったビーレフェルトとの一戦を1-0で制し、10位に順位を上げた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング