News サッカーニュース

辛くもCL決勝進出を決めたクロップ「今日のリヴァプールはラッキーだった」

2018年5月3日(木) 12:53 

 
リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、準決勝突破を決められたことは幸運だったと話した。

2日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグでリヴァプールは敵地でローマと対戦。ホームでのファーストレグを5-2で快勝したリヴァプールはこの試合、9分にサディオ・マネが先制する。その後オウンゴールで同点とされるも、25分にジョルジニオ・ワイナルドゥムのゴールで勝ち越しに成功。しかしその後、ローマの反撃に苦しみ試合は2-4で敗れたが、2試合合計7-6で辛うじて決勝進出を決めている。

試合後、クロップ監督は『メディアセット・プレミアム』で「クレージーな試合だった。スコアを忘れてしまったよ。7-6で間違いないか? 信じられない」と興奮した様子で話した。

「今日は本当にラッキーだった。ローマは強く、リスクを冒しながら攻めてきたが、うまく2-1にすることができた。ここまでは良かった。しかし、有効にカウンターが出せず、彼らが与えてくれたスペースも利用できなかった。1-0でこの試合を迎えていたら、敗退していただろう」

また、ファーストレグの試合前にローマファンに襲撃されたショーン・コックス氏について「ショーン・コックスに捧げるためのファイナルだ。試合前から私たちはこのように考えて、そして辿り着いた」と話している。

そして、26日にキエフで行われる決勝のレアル・マドリー戦に向けて「誰もが知っているように私は5回カップ戦の決勝で敗れている。でも、もう一度あの舞台に挑戦する。ただし、今夜よりも良いプレーをしなくてはならない」と大一番に向けて改善を求めた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング