News サッカーニュース

ハメス、レンタル元マドリー戦は「ゴールを決めても喜ばない。全員のリスペクトがあったから」

2018年5月1日(火) 12:47 

 
バイエルン・ミュンヘンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、古巣レアル・マドリー相手にゴールを挙げても喜ばないとした。

バイエルンは1日、レアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグに臨む。初戦をホームで1-2と落とし、厳しい状況でサンティアゴ・ベルナベウへと乗り込んできた。

レアル・マドリーから2年のレンタルでやってきたハメスにとっては、バイエルン加入以来初の“ホーム”帰還。前日の記者会見では「ホームへ戻ってくるのは常に最高の感覚だ。最高の3年間を過ごしたからね」と話す。さらに、ゴールを奪ったら喜ぶかという質問にはこのように答えた。

「喜ばないよ。マドリーではよくしてもらったし、多くを勝ち取った。選手や観客全員からリスペクトもあったし、幸せだったんだよ」

マドリーをリスペクトしながら、「今はバイエルンの選手」と話し、「多くの変化が必要だとは思わない。インテンシティと目標を持って良いプレーをしたい。僕らはゴールを奪える。チャンスを活かすかは僕ら次第なんだよ」と意気込みを語ったハメス。大きな活躍は見せられるだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング