News サッカーニュース

ベイル&C・ロナウド不在でも強し...レアル・マドリー、敵地でマラガに快勝/リーガ第32節

2018年4月16日(月) 5:36 

 
■リーガ第32節 マラガ 1-2レアル・マドリー


マラガ:ロラン(92分)
レアル・マドリー:イスコ(29分)、カセミロ(62分)

15日にリーガエスパニョーラ第32節が行われ、レアル・マドリーは敵地ラ・ロサレダでマラガと対戦している。

ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグでユヴェントスに苦戦しながら準決勝進出を決めたマドリー。国内の一戦に戻り、対峙したのは残留圏内の17位に勝ち点14差で最下位に沈んでいるマラガだ。

ジダン監督はヴァラン、モドリッチ、ベイル、C・ロナウドと主力組に休養を与えるため招集外とした。今季公式戦37試合に出場して9得点と決定力不足に喘ぐベンゼマがCFに据えられ、アセンシオ、L・バスケスとともに3トップを形成する。

マドリーは2分、L・バスケスのクロスが相手DFに当たり、こぼれ球をベンゼマが左足でシュート。これは右に外れる。15分には、L・バスケスのクロスからコバチッチがヘディング。GKロベルトの好セーブがなければ、先制してもおかしくなかった。

マドリーは23分にベンゼマ、イスコのパス交換で中央を割り、最後はL・バスケスにパスが渡る。だが懸命に戻って足を投げ出したマラガDFのプレッシャーもあり、L・バスケスのシュートはバーの上に外れた。

主導権を握ったマドリーは29分にネットを揺らす。イスコがバイタルエリアでマラガDFにファールを受ける。このFKをイスコが直接沈め、マドリーが先制した。2011-12シーズン、12-13シーズンをマラガで過ごしたイスコは謝罪の意を込めて手を合わせるポーズをとった。

43分、マラガに決定機が訪れる。ゴールキックでカセミロがGKナバスのパスを受ける。これを狙っていたイトゥラがボールを奪い、GKナバスと1対1になる。しかし、マドリー守護神が鋭い反応を見せ、1点差を維持する。

マドリーは62分に追加点を挙げた。中盤でボールを奪いL・バスケス、ベンゼマ、イスコとつないで、最後はカセミロが押し込んだ。

ジダン監督は65分にアセンシオに代えてセバジョス、70分にイスコに代えてマジョラルを投入する。イスコは交代の際に観客から拍手喝采を浴びた。

終了間際にロランに得点を許したマドリーだが、そのまま逃げ切って3位に浮上した。マラガは最下に位置している。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング