News サッカーニュース

アザールが戦術批判?マンチェスター・C戦の“偽9番”に「理由はわからない」

2018年3月6日(火) 20:46 

 
チェルシーのエデン・アザールが、チーム批判ともとれるコメントを残している。

4日に行われたマンチェスター・シティ戦で、アントニオ・コンテ監督はアルバロ・モラタとオリヴィエ・ジルーのセンターフォワードを外し、アザールを“偽の9番”として起用。しかし、同選手は前線で孤立する時間が多く、チーム全体としてもボール支配率は29%、枠内シュートに至っては0本と攻撃面で良いところがなく0-1で敗れた。

試合後、アザールはベルギーメディア『HLN』に対して、「ピッチに立てばインパクトを残さないといけないが、ほとんどフットボールをさせてもらえなかった。これは惨めでしかない」と心境を語った。

「チームは3時間の試合を戦った後のようだったが、僕はボールに触ってもいない。終盤になってようやくマシになった。最後の10分から15分はボールを持てるようになったが、僕たちは試合を通してこのようにプレーすべきだった」

また、コンテ監督がアザールを再び“偽の9番”としてプレーさせたことについて問われ、「理由はわからない」と返答。続けて「僕たちは良い試合ができなかった。それに、3回しかボールを触れなければ良いプレーをすることなんて困難だ。それに良くないチョイスもいくつかあった。実際にチャンスを作れそうな場面もあったけれど、何もできなかった。マンチェスター・シティと戦うことは難しい」と話している。

以前にも“偽9番”でのプレーに不満をみせていたアザール。コンテ監督の采配に不満を抱えているようだ。

U+25B6プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング