News サッカーニュース

ガラタサライ、ローン終了後は長友佑都を慰留せず?一旦インテル復帰が現実路線か

2018年3月3日(土) 22:13 

 
ガラタサライに所属する日本代表のDF長友佑都は今シーズン終了後、ガラタサライを退団し、所有元インテルへ復帰する見込みであると、トルコ『Ligablatt』が伝えている。

長友は今冬、ロシア・ワールドカップを視野に7年間所属したインテルを離れ、イスタンブールに新天地を求めた。移籍先のガラタサライでは加入直後からスタメンに定着し、守備において欠かせない存在となった日本代表DFだが、今シーズン終了後には、トルコクラブに別れを告げるようだ。

現在、長友はガラタサライにレンタルで加入しているが、クラブは新たなオファーの提示を検討しておらず、レンタル期間終了後は所有元のインテルへ戻る見込みとなっている。またガラタサライがすでに後釜として、2015-16シーズンにトルコ・ガジアンテプスポルでプレー経験のあるリヨンのブラジル人DFフェルナンド・マルサウの確保に動いていることも、長友の退団を後押ししているようだ。

なお元インテルDFについては、プレミアリーグのワトフォードやウェスト・ハムが獲得に関心を示しているとも報じられた。今夏、長友は所有元であるインテルへ一旦戻ることになるが、来シーズン、日本人選手不在となっているセリエA復帰を果たすのか、それともプレミア勢など他クラブから届いたオファーを受け、新たな冒険へと旅立つのか、その動向は注目されるところだ。

U+25B6サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング