News サッカーニュース

5発大勝のバイエルン、2発のミュラー「退場の恩恵を受けた」…指揮官は後半に満足

2018年2月21日(水) 15:32 

 
バイエルン・ミュンヘンFWトーマス・ミュラーとユップ・ハインケス監督が、ベシクタシュ戦の大勝を振り返っている。

バイエルン・ミュンヘンは、20日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、ベシクタシュを対戦。前半で相手が退場者を出したこともあり、5-0で粉砕している。

この試合で2ゴール挙げたミュラーは『Sky』に対し、4ゴールを奪った後半の内容を誇りつつ、大勝を喜んでいる。

「もちろん、相手の退場の恩恵を受けたといえる。だけど、後半に入ってからはゴールを奪いに行くためにさらにアグレッシブに入った。シンプルに攻撃し、うまくいったね」

また、ユップ・ハインケス監督は、前半終了間際の退場と先制ゴールが、試合のカギとなったと振り返っている。

「開始直後はナーバスになっていて、うまく噛み合っていなかった。レッドカードと、前半終了間際の先制ゴールが重要になったね。後半はよりスピードが増し、相手に脅威を与えられた」

ファーストレグでほぼ突破を決めてしまったバイエルン。2012-13シーズンに3冠をもたらしたハインケス監督の下、それ以来5シーズンぶりの優勝へ向け、視界は良好のようだ。

U+25B6サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング