News サッカーニュース

エリクセンが開始11秒先制弾! トッテナムがマンチェスター・Uを下す/プレミアリーグ第25節

2018年2月1日(木) 9:35 

 
■プレミアリーグ第25節
トッテナム 2-0マンチェスター・ユナイテッド

得点者
トッテナム:エリクセン(1分)、OG(28分)

現地時間1月31日、プレミアリーグ第25節トッテナムvsマンチェスター・Uの一戦がウェンブリーで行われた。

勝ち点45で5位のトッテナムと、勝ち点53の2位のマンチェスター・Uの上位対決は、早々に先制ゴールが生まれる流れとなった。

キックオフ直後、トッテナムはDFヤン・フェルトンゲンが前線にボールを送ると、ハリー・ケインが落としたところへ、デレ・アリがシュートへ持ち込もうとする。相手DFに阻まれたルーズボールにクリスティアン・エリクセンが飛び込んで、先制ゴールを記録した。このゴールは開始11秒で生まれ、まさに電光石火の先制となった。

いきなり1点を追う展開になったマンチェスター・Uは、アンソニー・マルシャルや新加入アレクシス・サンチェスを中心に崩しにかかる。だが、ロメル・ルカクが前線でオフサイドとなる場面もあり、なかなかゴールチャンスに結びつけることができずにいた。

すると28分、トッテナムは右サイドバックのキーラン・トリッピアーがクロスを入れる。そのボールにマンチェスター・UのDFフィル・ジョーンズが自陣ゴールに押し込んでしまい、トッテナムが2点目を記録した。公式記録でこのゴールはOGとなっている。

試合はこのままトッテナムの2点リードでハーフタイムを迎えた。

後半に入り、2点ビハインドのマンチェスター・Uは攻勢を狙う。ゴール前でA・サンチェスがクロスを折り返し、それにトッテナムのソン・フンミンが手でボールを弾くシーンもあったが、これはPKと判定されず。

マンチェスター・Uは63分、フアン・マタとマルアン・フェライニを投入し、反撃の糸口をつかもうとする。だが、フェライニは出場後に負傷し、その7分後にアンデル・エレーラとの交代を余儀なくされてしまう。マンチェスター・Uはこれで70分で3枚の交代カードをすべて使い切る形となった。

2点をリードするトッテナムはこの後も好機を演出するがGKダビド・デ・ヘアのビッグセーブもあり、追加点を奪うことができず、試合は2-0のままフルタイムを迎えている。

トッテナムは勝ち点を48に伸ばしたが順位は5位のまま。一方のマンチェスター・Uは勝ち点53で順位は2位のまま変わらなかったが、首位マンチェスター・シティが同じ節で勝利したため、1位と2位の勝ち点差が15に広がってしまった。

U+25B6サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング