News サッカーニュース

ネイマール獲得に本腰のレアル・マドリー会長、C・ロナウドをトレード要員に?

2018年1月15日(月) 23:28 

 
スペインのラジオ局『カデナ・セール』の人気番組“エル・ラルゲーロ”は、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長がFWクリスティアーノ・ロナウドとパリ・サンジェルマン(PSG)FWネイマールのトレードを画策していると報じた。

“エル・ラルゲーロ”は「今夏の移籍市場におけるフロレンティーノの最大の目標はネイマール」と報道。そのためネイマールの移籍金の一部として、C・ロナウドを含める考えがあるという。同番組曰く、ペレス会長は「クリスティアーノのレアル・マドリーでのサイクルは終了した。クリティアーノからマドリーに提供できることも、マドリーからクリスティアーノに提供できることも、もう存在しない」と感じており、今季限りでC・ロナウドを切り捨てる方針とのことだ。

またスペイン『アス』がC・ロナウドの関係者にこの報道についての真偽を聞くと、「フロレンティーノはベルナベウの貴賓席で、クリスティアーノがマドリーで不満ならば、ネイマールに代えたいと言って回っている」と、その信憑性を高めるような言葉が返ってきたという。果たして、超大型トレードが実現することになるのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング