News サッカーニュース

ピルロ、コウチーニョの移籍金は「妥当」…バルサ史上最高額にも驚かず

2018年1月9日(火) 17:44 

 
元イタリア代表MFアンドレア・ピルロは、バルセロナへの移籍が決定したMFフィリペ・コウチーニョの移籍金について正当だと考えているようだ。イタリア『スカイ』が報じた。

コウチーニョは先日、リヴァプールからバルセロナへと移籍。合計の移籍金1億6000万ユーロ(約217億円)でのビッグディールが成立した。ピルロはリヴァプールが8000万ユーロ(約108億円)でDFビルヒル・ファン・ダイクを獲得したことに触れつつ、それほど驚くべきでないという見解を示している。

「他にもっとクレイジーな価格があったからね。コウチーニョのは今日の市場に合った価格だと思う。ファン・ダイクが8000万ユーロだとしたら、彼は倍だ。妥当だと思うよ」

コウチーニョはバルセロナ史上最高額、そしてサッカー史上では3番目の高額移籍選手となった。バルセロナで大きな期待に応えられるか注目が集まるところだ。

U+25B6リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング