News サッカーニュース

ロナウジーニョ、2018年の現役引退を表明…将来はミュージシャンとサッカー教室運営へ

2017年12月6日(水) 13:59 

 
バルセロナなどで活躍した元ブラジル代表FWロナウジーニョが、2018年に正式にフットボール界から引退することを表明した。

バルセロナやACミラン、ブラジル代表などで輝かしい栄光を残したロナウジーニョだが、2015年にフルミネンセを退団して以降ピッチから離れている。そして、37歳になった同選手は来年引退し、別のキャリアを歩み始めると明かしている。

ロナウジーニョは「来年、フットボールに『さよなら』をいうことになると思う」と現役から退くことを表明。

引退後については「フットボール界から退いた後、音楽関係のプロジェクトとサッカー教室を立ち上げるつもりだ。これらは僕にとって新しいことだから、この生活に慣れないとね」と将来について明かした。ロナウジーニョは、今年3月にソロミュージシャンとしてデビューしており、「Sozinho」というタイトルのシングルをリリースしている。

ロナウジーニョは2002年にワールドカップ優勝を経験。2005年にはバロンドールを受賞し、2005-06シーズンにはバルセロナでチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げるなど、多くの栄冠を手にした。試合中、常に笑顔でプレーを楽しみ続け、そしてファンを楽しませ続けたファンタジスタが、来年スパイクを脱ぐことになる。

U+25B6リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング