News サッカーニュース

ビルバオと引き分けたジダン「バルサに勝ち点8差をつけられているのは得点不足によって」

2017年12月3日(日) 20:09 

 
2日のリーガエスパニョーラ第14節、レアル・マドリーは敵地サン・マメスでのアスレティック・ビルバオ戦をスコアレスドローで終えた。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、欠けていたのがゴールだけであったことを強調した。

同日に首位バルセロナがセルタと2-2で引き分け、勝ち点差を縮められるチャンスを得たレアル・マドリーだが、サン・マメスで勝利をつかむことはできず。バルセロナとの勝ち点差は、前節と同様に8のままとなっている。

試合後会見に出席したジダン監督に対しては、今季に入ってレアル・マドリーのパフォーマンスに陰りが見えるとの指摘があった。だが同指揮官は、チームに欠如しているものがゴールだけであり、パフォーマンス自体は良質であると主張している。

「レアル・マドリーがバルセロナに勝ち点8差をつけられているのは、得点が不足しているためだ。昨季と比べて、変化があるのは結果だけなんだよ。今日の試合を見て、昨季とパフォーマンスが異なっていると言うことはできない」

「昨季の試合でも終了間際に勝利することがあった。しかし今季はそのゴールが決まらない。私は心配していない。選手たちのことを考えると悲しみを感じるがね。ポジティブに、こういうプレーを見せ続ければゴールが決まると考えなければならない。それこそ、私がすべきことだ」

ジダン監督はまた、「流れが変わる」ことで勝利を重ねられるようになるとの見解を示した。

「私たちは勝つためにすべきことをすべて行った。もっと良い結果に値したが、ゴールを記録するには至らなかった。良いパフォーマンスを見せたし、決定機だって得た。しかしボールが枠に入りたがらなかったんだ。努力を振り絞った選手たちのことを考えると失望を感じる。しかし、流れは変わるものだ。私は変わると確信している」

U+25B6リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング