News サッカーニュース

ドルトムント、4点リード守れずボス監督「オーバメヤンが5点目を決めていたら」

2017年11月26日(日) 22:43 

 
ドルトムントを率いるピーター・ボス監督が、ダービーでのまさかのドローに苛立ちを示した。

ドルトムントは25日、ブンデスリーガ第13節でシャルケと対戦。試合は前半にドルトムントが4点をリードし、勝負を決めたかと思われたが、シャルケが後半に猛攻を仕掛ける。65分までに2点を返すと、終了間際にさらに2点を加え、4点差を追いついてみせた。

ボス監督は4点リードを得ながら、ドローで終わり、「難しい」と一言話したあとに失望を口にした。

「ただただ失望している。(ピエール=エメリク)オーバメヤンが5点目を決めていたら、こういったことは起こり得なかった。レッドカードさえね。シュートを選択するのが早すぎたし、フットボールをできていなかった。スペースを有効活用できていなかったんだ。でも言い訳を探したくはない」

ドルトムントは4-4の引き分けに終わり、6試合勝利なし。チャンピオンズリーグから重要な2連戦で勝ち星なしに終わり、ボス監督の解任が近づいている。

U+25B6ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング