News サッカーニュース

マンチェスター・U、終了間際の失点でバーゼルに敗戦…首位突破確定はお預けに/CLグループA第5節

2017年11月23日(木) 11:56 

 
■バーゼル 1-0 マンチェスター・ユナイテッド

バーゼル:ラング(89分)
マンチェスター・U:なし

チャンピオンズリーグ(CL)は31日に第5節の試合が行われ、グループAではバーゼルとマンチェスター・ユナイテッドが対戦した。

引き分け以上でグループ首位での突破が確定するマンチェスター・Uでは、プレミアリーグ前節に続き、負傷から復帰したMFポール・ポグバが先発出場。さらにDFマルコス・ロホも復帰を果たした。一方で、同じく復帰を果たしたFWズラタン・イブラヒモヴィッチはベンチスタートとなっている。

勝ち点6で、CSKAモスクワと並ぶバーゼルでは、MFタウラント・ジャカが出場停止となっている。

立ち上がりは突破のために勝ちが欲しいバーゼルが積極的に入り、右サイドの仕掛けからゴールに近づいていく。しかし、時間とともにマンチェスター・Uが押し込んでいくと、12分にDFラインの裏に抜け出したルカクがGKとの一対一を迎える。これはバズリーグに阻まれると、直後のフェライニのヘディングもDFにクリアされた。

その後もマンチェスター・Uがリズムを掴むも、決定機を作ることはできず。ゴール手前で得たFKでポグバが直接狙うも、枠を大きく外してしまった。

43分にはマルシャルのクロスにフェライニが薄く頭で合わせるも、ポストを叩いてしまう。その直後にもマルシャルがビッグチャンスを迎えたが、これもGKに阻まれた。さらにこれで得たCKからロホがロングシュートを放つと、相手DFに当たったボールがクロスバーを叩く。結局、前半はスコアレスで折り返す。

後半はホームのバーゼルが何度も決定機を迎える。しかし、GKロメロが攻守を連発し、マンチェスター・Uは得点を許さない。

74分にはイブラヒモヴィッチがピッチに入るが、マンチェスター・Uはビッグチャンスを作ることができず。

すると89分、バーゼルがついに均衡を破る。エリア内に侵入したペトレッタのクロスに、ファーに飛び込んだラングが合わせた。

この終了間際のゴールが決勝点となり、ホームのバーゼルが勝利を収めた。すでに突破を決めているマンチェスター・Uだが、首位突破を決めることができず。次節の結果次第では、2位に転落する可能性もある。

U+25B6サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング