News サッカーニュース

ネイマールのPSG移籍を最初に報じた著名記者が断言「彼は移籍を後悔している」

2017年11月12日(日) 20:37 

 
ブラジル人記者マルセロ・ベックラー氏は、FWネイマールがバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したことを後悔していると断言した。

ベックラー氏は今夏、ネイマールのPSG移籍をいの一番に報じた著名記者である。同氏はスペインのラジオ局『オンダ・セロ』とのインタビューで、ネイマールがPSG移籍を後悔していることを断言。曰く、ブラジル代表FWはDFジェラール・ピケやFWルイス・スアレスなどバルセロナの元チームメートに対して、移籍を悔いていることをを明かしたという。

ベックラー氏はまた、ネイマールがなぜPSGで不満を抱えているかについて、「チームにはカバーニやディ・マリアなど高クラスの選手が多数存在しており、彼らはネイマールのここ数カ月間の振る舞いを奇異に感じている。ネイマールはエメリ、そのほかの選手たちと遠い関係にある」と説明。一方で「PSGの考えは明確そのもので、ネイマールを退団させる前にほかの全員を追い出すだろう」と、PSGがネイマールを第一に考えていることも強調した。

ネイマールが実際にPSGで不満を抱えているとして、それが解消できない場合にはどこへ移籍するのだろうか。ベックラー氏はこう予想する。

「バルセロナに戻るより、レアル・マドリーに移籍する方が簡単だろう。彼は背徳行為であるとは考えない。しかし、現時点ではただの想像に過ぎない」

U+25B6リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング