News サッカーニュース

スイス検察、パリSGのアル・ケライフィ会長をワールドカップ放映権の贈収賄容疑で捜査

2017年10月13日(金) 8:01 

 
スイス検察当局が、パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長とジェローム・バルク氏を刑事訴訟する準備に入ったことが分かった。

2016年3月からジェローム・バルク元FIFA事務局長の捜査を行っていたスイス検察は12日、同氏がbeINメディアグループの最高経営責任者でもあるアル・ケライフィ氏から2026年、2030年のワールドカップ放映権に関して不当な利益を受け取ったとして、両氏を贈収賄の疑いで告訴するようだ。

スイス検察当局は「元FIFA事務局長とbeINメディアグループの最高経営責任者をワールドカップの放映権に関する贈収賄の容疑で刑事訴訟する」と声明を出している。さらに、これによると、バルク氏は2018年、2022年、2026年、2030年ワールドカップの放映権に関しての見返りも受け取っていたようだ。

2016年1月にさまざまな不正が発覚し、FIFAの職を失ったフランス人のバルク氏は、10年間の活動禁止処分を受けており、それを不服として現在スポーツ仲介裁判所(CAS)へ訴えを起こしている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング