News サッカーニュース

「ものすごく痛みがある」ヘルタ戦で負傷のリベリ、3か月の離脱へ

2017年10月3日(火) 6:09 

 
ヘルタ戦で負傷したバイエルン・ミュンヘンMFフランク・リベリは、3カ月近く離脱することになるようだ。

1日に行われたブンデスリーガ第7節でバイエルンはヘルタと対戦。この試合にリベリは先発出場したものの、ボールコントロールを試みた際に左膝を負傷。歩くこともままならない同選手は、67分にスタッフに抱えられながらピッチを後にした。なお、試合は2-2の引き分けに終わっている。

試合後リベリは、「ものすごく痛みがある。おそらく、外側靭帯を痛めた。それ以上悪いものではないことを祈っているよ」と、軽いケガではないことを示唆していた。

そしてその後行われた検査で、34歳のフランス人MFはおよそ3カ月間の離脱になることが明らかになったという。クラブ公式は、リベリがすでにリハビリを開始しているとし、膝の手術を受ける必要はないと明かしている。

カール・ハインツ・ルンメニゲCEOは「フランクのケガは悲しい。我々の願いは、早く彼が良くなることだ」と話し、さらにチームメイトのDFジェローム・ボアテングも「早く良くなってよ、兄弟!」と自身のSNSに投稿。ベテランウィンガーの早期復帰を願っている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング