News サッカーニュース

「あのプレーは世界級」原口元気が独代表DF3人抜き&アシスト…監督や同僚から称賛の声

2017年10月2日(月) 7:57 

 
ヘルタ・ベルリンは1日に行われたブンデスリーガ第7節でバイエルン・ミュンヘンと2-2と引き分けた。この一戦で今シーズン初の先発出場を果たした原口元気はチーム1点目をアシストし、監督や同僚から称賛の声を浴びている。

クラブからの契約延長オファーを断るも、夏に移籍が実現しなかったとされる原口。苦しいシーズンが予想され、ここまでの公式戦ではベンチスタートが続いていた。しかし、パル・ダルダイ監督はバイエルン戦で原口を先発起用すると、同選手はブンデスリーガ王者相手との引き分けに貢献する活躍を見せる。

前半にバイエルンにリードを奪われたヘルタは、49分に0-2のビハインドを追う状況に。だが、その2分後に相手ペナルティーエリア左手前でボールを受けた原口は華麗なドリブルでジェローム・ボアテング、ヨシュア・キミッヒ、マッツ・フンメルスとドイツ代表DF3人をかわし、ゴール右前で折り返す。すると、パスを受けたオンドレイ・ドゥダが合わせてネットを揺らした。ヘルタはさらに56分にはサロモン・カルーが同点弾を挙げて、バイエルンと引き分けた。

ダルダイ監督は試合後、「このようにカムバックして試合を2-2で終えることができたのは嬉しい」と喜びを語ると、原口の起用にも触れた。「ウィングにはフレッシュな選手を置きたかったので、実際にそうしたのさ。ゲンキ・ハラグチはバイエルンと対戦する際、いつも良いプレーを見せてくれている。今日のプレーは素晴らしかったし、信頼に応えてくれたね」とバイエルンとの相性の良さに言及した。

チームメイトたちもまた原口のアシストについてコメントしている。DFマルヴィン・プラッテンハルトは「ゴールの場面でゲンキが見せたプレーは世界級だ」と絶賛し、「彼に何ができるのかは僕たちは練習で見てきているけど、それを今日試合でやってくれたんだ。もちろんもっとこのようなプレーをしてくれることを望んでいるよ」とさらなるアシストを”注文”した。

なおカルーによる同点ゴールを演出したDFカリム・レキクは、「ゲンキ・ハラグチは並外れたプレーヤーだ。1点目で見せたあの素晴らしいドリブルみたいに、いつも僕たちにサプライズを与えている。彼はスーパーな試合をしたね」と原口の活躍を喜んでいる。

大一番でチャンスを与えられた原口は、アシストという形でアピールに成功。次にヘルタでスタメンに名を連ねる日は、より早く訪れることになりそうだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング