News サッカーニュース

ムバッペがPSG加入の理由を語る「ネイマールが加わる前からパリ行きを考えていた」

2017年9月3日(日) 21:35 

 
フランス代表FWキリアン・ムバッペが、今夏にモナコからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した理由を説明している。

フランス『テレフット』とのインタビューに応じたムバッペは、フランス国内で自身のキャリアを進めていくことを重視し、そのためにPSGを選んだと明かした。

「偉大な選手たちは自分の国で歴史を築いていった。(プロデビューから)6カ月後にフランスを出て行くなんて、決意を放棄するようなものだ。僕はここのトップレベルで少ししかプレーしていないんだ」

「僕が本当に望んでいることは、自分の街でもあるパリで歴史をつくっていくこと。PSGならばプレーしながら成長を続けている。PSGには世界最高のクラブになる、すべてを勝ち取る、という野心があるんだよ。チャンピオンズリーグも、その勝ち取りたいすべての中に含まれている」

またFWネイマールのPSG加入が、同クラブ移籍の要因ではなかったことを強調した。

「ネイマールとプレーできるなんてすごいことだ。だけど、彼が加入する前からパリでプレーすることを考えていた。彼の加入は、単純に一つの刺激だった」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング