News サッカーニュース

ネイマール「PSGは偉大なクラブ、パリは素晴らしい街」…心が新たな挑戦を望む

2017年8月5日(土) 5:42 

 
パリ・サンジェルマンは4日、バルセロナから加入したブラジル代表FWネイマールの入団会見を行った。

スーツ姿で会場に現れたネイマール。PSGのナセル・アル・ケライフィ会長は冒頭、「ネイマールを紹介できてうれしいです。世界で最高の選手だと思っています。ようこそ、ネイマール。パリ・サンジェルマンに来てくれてありがとう」と挨拶。

続いてネイマールは「すごくうれしい。会長の言葉もうれしいし、新たな挑戦ができることがうれしい。PSGは偉大なクラブ、パリは素晴らしい街。なんて言い表していいのか分からない。すぐにでも練習したいし、試合にも出場したい。素晴らしい活躍をしたい」と、喜びをあらわにした。

質疑応答が始まると、早速「PSGと契約をした理由は何か?」との質問が飛ぶ。それに対してネイマールは「私とPSGの野心が似ていると感じた。私の心が移籍を決めた。幸福感をもってパリに到着した。タイトルを獲得したい」と答えた。

バルセロナではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの存在もあり、チームの中心になれなかった。それも移籍の理由ではないかと指摘されると、ネイマールは「的外れ」だと否定する。「そうしたことは、今回の移籍を決める上で全く影響がなかった。移籍を決めた理由は、新たな挑戦があるから。違う目標を達成したかったから。バルセロナで居心地が悪かったわけではない。私は挑戦を追いかける人間。常に、現在の自分を追い越したいと考えている」と、バルセロナでの4年間に何も不満はなかったと話した。

また、バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが「ネイマール残留」をSNSに投稿したが、そのことについて聞かれると、「あの時は休みでリラックスしていた。みんなで遊んでいた。私は、まだ何も決断していなかったので『投稿しないでくれ』と言ったが……。あれは、ピケの遊び心。彼のことはリスペクトしている」と、当時の状況を説明。それでは、いつ決断したのか。ネイマールは「この2日ぐらいで最終的に決断した。まず、(バルセロナの)エルネスト・バルベルデ監督に話した。その後でチームに報告した」と語った。

PSGは5日、リーグ・アンの開幕戦を迎える。ネイマールは「これまでバルセロナでトレーニングをしてきた。この2日間は練習していないけど準備はOK。もちろん、ウナイ・エメリ監督と話をしてからだけど」と、翌日からでも試合に出場できると話す。どのポジションでプレーするのかについては「監督とあまり話していないのでわからないが、どのポジションでも大丈夫。GKもできるよ」と冗談交じりに答えた。

質疑応答後、アル・ケライフィ会長と背番号10のユニフォームを持ってフォトセッションに応じたネイマール。写真撮影後、会見で使ったマイクが入っていることを確認すると「パリ・サンジェルマンは魔法だ」と言って、記者会見をあとにした。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング