News サッカーニュース

モウリーニョ、敵将に手加減を要請「ベンテケには家にいるよう指示して欲しい」

2017年5月19日(金) 6:40 

 


マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグの欧州カップ戦参加クラブに対する配慮の無さを嘆いた。

マンチェスター・Uは17日、吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦し、スコアレスドローに終わった。21日に行われる最終節ではホームにクリスタル・パレスを迎えるが、モウリーニョ監督は日程の厳しさについて、以下のようなコメントを残している。

「欧州カップ戦に出場するクラブへの具体的な対応を1度も見たことがない。チェルシーでもマンチェスター・Uでもそうだし、昨シーズンのマンチェスター・Cでも同様だった。負け戦だと思うが、この状況を受け入れるしかない。日曜日(クリスタル・パレス戦で)、オールド・トラッフォードのサポーターが応援してくれることを願っている。そして広い心で戦いぶりを受け入れて欲しい」

「(クリスタル・パレスの監督である)ビッグサム(アラダイス)には良い友人であることを示して欲しい。ウィルフレッド・ザハにはゆっくり動くように命じて、クリスティアン・ベンテケには家にいるように指示することを願っている。お手柔らかにお願いしたい」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング