News サッカーニュース

レアル・マドリーのつまずきを信じるL・エンリケ、「彼らは我々を負かした2チームと対戦する」

2017年5月15日(月) 23:28 

 
14日のリーガエスパニョーラ第37節、バルセロナは敵地エスタディオ・グラン・カナリアでのラス・パルマス戦に4-1で快勝した。ルイス・エンリケ監督は試合後、レアル・マドリーが今後控える2試合でつまずくことに期待を寄せている。スペイン『エル・パイス』がコメントを伝えた。

第37節終了時点で首位バルセロナと2位レアル・マドリーは勝ち点87で並んでいるが、1試合未消化のレアル・マドリーが勝ち点4を獲得すれば優勝を決められる。だがL・エンリケ監督は優勝をあきらめない。ラス・パルマス戦後の会見で、レアル・マドリーが残りの2試合で、今季にバルセロナを負かしたセルタ、マラガと対戦することを強調した。

「彼らがこれから戦う相手は、我々を破った2チームなんだよ。我々の身に起こったことは、どんなチームに起こりう得る。そして我々が優勝のために手にできる唯一の鍵は、最終節エイバル戦に勝つことだけだ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング