News サッカーニュース

バルサ、ネイマールがハットトリック! ラス・パルマス破り暫定首位をキープ/リーガ第37節

2017年5月15日(月) 4:53 

 


リーガ第37節 ラス・パルマス 1-4 バルセロナ
■得点者
バルセロナ:ネイマール(25分、67分、71分)、スアレス(27分)
ラス・パルマス:ビガス(62分)
14日に行われたリーガエスパニョーラ第37節、ラス・パルマス対バルセロナの一戦は、アウェーのバルセロナが4-1で勝利している。
バルセロナは同時刻にセビージャ戦を戦う首位レアル・マドリーに食い下がるために、勝利を必須とする。だがラス・パルマスの本拠地グラン・カナリアでの過去の戦績は11勝4分け17敗。リーガ1部でバルセロナが負け越しているのは、このスタジアムとマドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウだけである。
先発予定だったマスチェラーノがアップ中に右足太ももに違和感を訴え、急きょ欠場を余儀なくされたバルセロナ。代わりにカンテラーノのマーロンがリーガデビューを果たす。さらに右SBにはS・ロベルトではなくディーニェが入り、ルイス・エンリケ監督は急造のディフェンスラインでラス・パルマス戦に臨んだ。
5試合未勝利が続いているラス・パルマスだが、この試合ではセティエン監督が植え付けてきたポゼッションサッカーでバルセロナ相手に序盤から主導権を握る。6分には、ヘセが左サイドを破って決定機を手にしかける。これをディーニェが倒し、フランス人DFにイエローカードが提示される。ラス・パルマスの選手たちは決定機阻止でレッドカードを求めたが、判定は覆らない。
ピンチを脱すると、バルセロナは前節ビジャレアル戦までに今季公式戦103得点を記録した“MSN”が決定力の差を見せつける。25分、ブスケッツのヒールパスにより中盤のプレス網をU+525Dがしたバルセロナはイニエスタがすかさず前線にスルーパスを送る。抜け出したスアレスがGKハビ・バラスを十分に引き付けて横パスを流し、ネイマールがプッシュしてネットを揺らした。
失意のラス・パルマスをよそに、バルセロナが畳み掛ける。27分、ネイマールのスルーパスが相手守備陣を破る。これに反応したスアレスがGKハビ・バラスとの1対1を制した。
L・エンリケ監督は57分、イエローカードを1枚受けていたディーニェを下げ、アンドレ・ゴメスをピッチに送り込む。そのままアンドレを右SBに組み込んだ。
しかしながら指揮官の実験的布陣は裏目に出る。62分、ラス・パルマスのカウンター。レモスが自陣から右サイドに展開し、モモがボアテングに縦パスを入れる。ボアテングのクロスにビガスが合わせ、1点差に詰め寄る得点を奪った。
守備に綻びを見せるバルセロナだが、前線の決定力でそれをカバーする。67分、ラキティッチのアーリークロスにネイマールが難しい体勢からヘディングを叩き、GKハビ・バラスを破った。
この日メッシから完全に主役の座を奪ったネイマールは71分にハットトリックを達成した。ラキティッチのサイドチェンジが手薄となった左サイドに通ると、これを受けたアルバが前方のスペースにパスを送る。走り込んだネイマールの放ったシュートはGKハビ・バラスの脇をすり抜け、枠内に転がり込んだ。
今季ネイマールが出場停止で計6試合欠場しているバルセロナだが、“MSN”は公式戦の得点数を「107」ゴールに積み上げ、破壊的な得点力を誇示している。
難所グラン・カナリアを攻略したバルセロナは、同日の試合で勝利したレアル・マドリー(未消化1試合)と勝ち点87で並び、暫定首位に位置した。一方、ラス・パルマスは14位につけている。
●リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング