News サッカーニュース

去就に揺れるルーニー、「13年間在籍したこのクラブで」とユナイテッド愛を強調

2017年5月11日(木) 7:54 

 


マンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーは、シーズン終了後にクラブを退団する希望はないと試合前の会見で語っている。

今シーズンから指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督の下、リーグ戦の先発出場は12試合に留まるなど、同選手の必要性は薄れている。そして今夏、オールド・トラッフォードから去ることが現実味を帯び、アメリカや中国のクラブ、古巣のエヴァートンなどが獲得に強い興味を持っていると報じられた。

しかし、ルーニーは「全試合に出たい。チームに貢献できるようにベストを尽くしている。13年間在籍したこのクラブでプレーしたい」と、退団する意思がないことを明確にした。

「僕にとって、もっとたくさんの試合に出られる環境が良いことは間違いない。けれど、もっとこのチームのためにプレーして、力になりたいんだ。フットボールは日々変化している。だからピッチ内だけでなく、ピッチ外でもチームを助けようと心掛けているよ」

11日に控えるヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグのセルタ戦を前に、ユナイテッド主将は同カップ戦を制して、チャンピオンズリーグ出場権を獲得したいと言及した。

「CLに戻ることが重要だ。このクラブはあの舞台に立つ必要がある。しかし、リーグ戦を勝ち上がって出場権を獲得することは現実的ではない。この試合はヨーロッパリーグの準決勝だ。大きな大会で優勝できる可能性を僕たちはつかんでいる」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング