News サッカーニュース

南野拓実所属のザルツブルク、6カ月ぶり敗戦で優勝決められず…4連覇の条件は?

2017年5月7日(日) 9:06 

 


オーストリア・ブンデスリーガ第32節が6日に行われ、マッタースブルクとザルツブルクが対戦した。

首位を独走するザルツブルクは、南野拓実が先発出場。勝利で、4連覇を決められる試合に臨んだ。先手を取ったのはザルツブルク。10分、ワンベルトがこぼれ球を右足で角度のないところからねじ込み、貴重な先制点を奪う。

しかし、この日はザルツブルクのいつものようなゴールラッシュとはいかず、彼らの日とはならなかった。25分、コーナーキックからシュテファン・マイアーホーファーが頭で同点弾を挙げる。さらに後半開始早々、ロングスローの流れからダビド・アタンガが左足でネットを揺らし、マッタースブルクが逆転に成功。結局、ザルツブルクは最後まで同点に追いつくことができなかった。

リーグ戦では昨年11月に行われたアドミラ戦以来の敗戦を喫したザルツブルク。4連覇は7日に行われる2位オーストリア・ウィーンの結果次第となった。オーストリア・ウィーンがラインドルフ・アルタッハに敗れた場合のみ、優勝が決定する。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング