News サッカーニュース

ローマの“王子”トッティが今季限りで現役引退!新SDモンチが明言で、フロント入りへ

2017年5月4日(木) 6:14 

 


ローマの新たなSD(スポーツディレクター)に就任したモンチ氏が、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが今シーズン限りで現役を退くことを明らかにした。

モンチ氏はセビージャで多くの実績を残し、来シーズンからローマで挑戦を始めることを決断。3日に行われた就任の記者会見で、モンチ氏はローマの王子がすでに引退を決めていることを明言した。

「トッティに関しては、今年が選手として最後の年になるということがわかっている。ディレクターを始めることになるだろう。フランチェスコはローマそのものだ。私もできるだけ彼の近くにいたい。1%でもいいから、彼から何かを学びたいね」

一方で、40歳であるトッティがクラブの具体的にどのポストに就くかはいまだ発表されていない。ゼネラルマネジャーを務めるマウロ・バルディッソーニ氏は、トッティがディレクターを務めることになると話していたが、選手自身がその可能性を否定している。モンチ氏は「誰かがいずれ発表することになるだろうが、私ではない」と、言及を控えた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング