News サッカーニュース

長友佑都、失点に絡み伊メディアでチーム最低点「バターにナイフを入れるように…」

2017年5月1日(月) 7:49 

 


インテルに所属する日本代表DF長友佑都のナポリ戦でのパフォーマンスに厳しい評価が下されている。

インテルは4月30日、セリエA第34節でナポリと対戦。3試合連続の先発出場を果たした長友だったが、43分にクロスの処理を誤り、ホセ・カジェホンにゴールを許した。結局、このゴールが決勝点となり、ナポリが1-0で勝利している。

イタリア『インテルニュース』では、長友にチーム最低となる「5」の採点がつけられ、以下のように厳しい寸評が記された。

「残念ながら、彼のミスがスコアレスで動いていた試合を動かした。あるレベルでは起こってはいけないミスだが、不幸なことに彼のもとでは起きてしまった。また、そのミスだけがこの採点になっているわけではない。対面したカジェホン、(エルセイド)ヒサイの間に、まるでバターにナイフを入れるように簡単にアクシデントが生じていた」

ホームで敗れたインテルは、ここ6試合で4敗目。ヨーロッパリーグ出場権の5位が遠のいている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング