News サッカーニュース

グアルディオラがシーズン開始1週間で気づいたマンチェスター・Cの問題点とは?

2017年4月9日(日) 17:33 

 


マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はチームの大きな問題に最初の1週間で気づいたという。

マンチェスター・Cは2016-17シーズン、チャンピオンズリーグ出場権獲得を狙える位置につけている。しかし一方で、首位のチェルシーとは大きな勝ち点差があり、プレミアリーグ優勝は現実的ではない。タイトルを争えなかった要因をグアルディオラは「エリア内での決定力が十分でない」ためと考えているが、シーズン最初の週、すでに兆候に気づいていたという。

「チャンピオンズリーグの予選におけるステアウア・ブカレスト戦で6-0の勝利を納めたが、あの試合は12-0であるべきだった。我々は2つのPKを失敗し、たくさんのチャンスを逃した。本戦出場を決めるのが一番のターゲットだったから嬉しかったが、その後の戦いで、本当に良い試合ができないと試合に勝てないとわかったんだ。我々はチャンスを作れるが、ゴールを決めることについては問題があった。特にビッグゲームで、我々は悪くなかったが十分ではなかった。正直になる必要がある。プレミアのタイトルを争うには力が足りない」

それでもグアルディオラは「(敗れた)チェルシー戦後はがっかりした。しかし、改善するために取り組んできたことを見ることもできた。だから今シーズンを楽しめている。そしてまだやるべきことは残っているよ。チャンピオンズリーグはとても大事で出場権を獲得できれば成功だと個人的には考えている。それにFAカップも残っているしね」と、リーグ戦のタイトルは絶望的であっても前向きに残りのシーズンを戦う意向を示した。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング