News サッカーニュース

モウリーニョがエジル獲得を熱望!? 英紙がエジルの今夏ユナイテッド移籍話を報道

2017年4月9日(日) 16:59 

 


アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルについて、マンチェスター・ユナイテッドが今夏の移籍市場で獲得する意思があり、動きを見せているとイギリス紙『ミラー』が報じている。

エジルは今シーズン、低迷するアーセナルの中でも批判の的となるなど、自身のパフォーマンスを最大限に発揮できていないのが現状だ。

同メディアによると、エジル獲得を熱望しているのがレアル・マドリー時代の恩師ジョゼ・モウリーニョとのこと。モウリーニョはレアル・マドリーを指揮した10-11シーズンから12-13シーズンまで、3年ほどエジルを指導した。当時からエジルには絶大な信頼を寄せており、アーセナルで憂き目に遭っている教え子を獲得しようと、現所属クラブのマンチェスター・Uに働きかけているという。

エジルは2018年6月までアーセナルとの契約を残しているが、アーセン・ヴェンゲル監督が今季限りでの退任のうわさが絶えず、アーセナルが大刷新されるとなれば、契約解除金が発生する今夏の移籍市場で売却される可能性も十分に考えられる。

本人も良好な師弟関係を築いていたモウリーニョとの再会を望む、という選択もあり得る状況なだけに、今夏の移籍市場ではその動向から目が離せなくなりそうだ。

なお『ミラー』は「過去にユナイテッドはロビン・ファン・ペルシーをアーセナルから獲得し、タイトル奪還を実現した」と2012年夏の事例を上げて、エジルの移籍報道を伝えている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング