News サッカーニュース

リヴァプール、終了間際に失点で痛恨ドロー…上位と差広がる/プレミアリーグ第31節

2017年4月6日(木) 6:50 

 


■プレミアリーグ第31節 リヴァプール 2-2 ボーンマス

リヴァプール:コウチーニョ(40分)、オリギ(59分)

ボーンマス:アフォベ(7分)、キング(87分)

プレミアリーグ第31節が5日に行われ、リヴァプールとボーンマスが対戦。試合は2-2のドローに終わった。

先手を取ったのはアウェーのボーンマス。ジョルジニオ・ワイナルドゥムの不用意なバックパスをボーンマスFWベニク・アフォベがダイレクトで流し込み、先制点を奪う。しかし、地力で奪うリヴァプールが反撃。40分にフィリペ・コウチーニョがキーパーのパントキックの流れからネットを揺らし、前半を1-1で終える。

後半に入ると、リヴァプールがすぐに逆転。ケガのサディオ・マネに代わってディボック・オリギが50分、ワイナルドゥムのクロスをヘディングで合わせて、キーパーを破った。

しかし、終了間際に悲劇が。ロングスローの流れから最後はジョシュア・キングが決め、ボーンマスが起死回生の同点弾を挙げる。試合はそのまま終了し、両者勝ち点1を分け合った。

リヴァプールは3位をキープしたものの、2位トッテナム、首位チェルシーとの勝ち点差は広がった。一方、辛くも勝ち点1を拾ったボーンマスは13位となっている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング