News サッカーニュース

レスター、6連勝で奇跡彷彿とさせる…岡崎は先発出場もライバルが決勝点/プレミアリーグ第31節

2017年4月5日(水) 5:35 

 


■プレミアリーグ第31節 レスター 2-0 サンダーランド

レスター:スリマニ(69分)、バーディー(78分)

プレミアリーグ第31節が4日に行われ、レスター・シティとサンダーランドが対戦した。

クレイグ・シェイクスピア監督就任以降、公式戦5連勝と波に乗るレスター。日本代表FW岡崎慎司も同監督就任から先発出場を続け、サンダーランド戦でもスタメンとなった。

残留を争うチーム同士の対決は、中盤での潰し合いが続き、それほど多くの決定機は生まれない。デマライ・グレイのクロスから岡崎が合わせるシーンもあったものの、シュートは枠に飛ばず。

両チームともセットプレーから好機を見出そうとするが、相手GKを脅かすほどの場面とはならない。岡崎はつなぎの部分で貢献しつつも、ゴールを生み出すことはできず、前半をスコアレスで折り返す。

後半に入っても、試合に大きな動きはなかったが、69分に試合が動く。岡崎と交代でピッチへ入っていたFWイスラム・スリマニがマーク・オルブライトンのクロスを得意のヘディングで叩き、ネットを揺らす。

さらに勢いに乗るレスターは78分、再び左サイドからオルブライトンが今度はグラウンダーのクロス。これを、新監督就任以降好調のジェイミー・バーディーがワントラップから左足を豪快に振り抜き、キーパーを破る。バーディーらしい得点が生まれ、ホームチームがリードを2点に広げた。

結局、その後もレスターが終始優位に試合を進め、2点のリードをしっかりと守りきり、クリーンシートというおまけ付きで勝ち点3を手にした。勝利したレスターは、シェイクスピア監督就任から公式戦6連勝。昨シーズンの奇跡を彷彿とさせる勝負強さで、試合終了直後の暫定ながら順位を9位へと上げている。一方、敗れたサンダーランドはいまだ最下位から抜け出せない状況が続く。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング