News サッカーニュース

PSGのエメリ監督、“バルサ・ショック”からの立ち直りを希望「私には動じない強さがある」

2017年3月12日(日) 15:28 

 


パリ・サンジェルマン(PSG)のウナイ・エメリ監督が、チームが大逆転のショックから立ち直ることに期待している。『OMNISPORT』が伝えた。

PSGは12日、リーグ・アン第29節でロリアンと対戦する。バルセロナに大逆転負けを喫した直後の試合であるため、難しい戦いが予想されるが、エメリは“悲劇”を乗り越えたいと話している。

「私が監督になったのは動じない強さがあるからだ。だからこそ、今私はここにいる。キャリアの中では苦しい時間も何度も味わってきた。だがそのたびにやめるくらいなら、最初からやめていただろう。監督の仕事を始めて、2試合目にはやめていたはずだ。この仕事がどういうものか分かっている。強くなるやり方も分かっている。こういう苦しい時期を乗り越えるため、いつも仕事をしてきたんだ」

リーグ・アンでは10試合負けていないPSG。バルセロナ戦の大敗を乗り越え、再び無敗街道を歩むことはできるのだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング