News サッカーニュース

ヴェンゲルはどこへ?アーセナルOBが来季からパリSGで指揮を執ると予想

2017年3月6日(月) 6:50 

 


元アーセナルで、現在は解説者のポール・マーソン氏は、今シーズン限りでエミレーツ・スタジアムを去るのではないかとうわさされているアーセン・ヴェンゲル監督がパリ・サンジェルマン(PSG)で今夏から指揮を執ると『スカイスポーツ』に語っている。

20年に渡りアーセナルのベンチに座り続け、多くのタイトルをクラブにもたらしたヴェンゲル監督だが、現在ノースロンドンでは監督の交代を要求する声が高まっている。今季もリーグ戦では優勝することが難しくなっており、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでバイエルン・ミュンヘンに1-5で敗れ、7年連続のベスト16敗退が現実味を帯びている。マーソン氏は、現在パルク・デ・プランスで指揮を執るウナイ・エメリ監督に代わり、ヴェンゲル監督が就任することが一番現実的だと感じているようだ。

「彼は世界中から称賛されている。それに彼は全世界のフットボーラーを知っていると思う。もしPSGがチャンピオンズリーグで勝てなかったら、もしモナコに追いつけずリーグ優勝を逃したら、もし代わりの監督を呼べるなら、彼は来季PSGの監督になると私は予言する」

現在ヴェンゲル監督は、今季限りでバルセロナを退団することを発表したルイス・エンリケ監督の後任として名前が挙がるなどさまざまな憶測が飛んでいる。しかしフランス人指揮官は「他の仕事を探していない」とうわさを否定していた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング