News サッカーニュース

ドルトムント、オーバメヤンの売却には消極的…最低でも84億円を要求か

2017年2月10日(金) 7:07 

 


ドルトムントはエースFWであるピエール=エメリク・オーバメヤンを売却する場合、最低でも7000万ユーロ(約84億円)を要求することが『Goal』の取材によって明らかになった。

オーバメヤンは以前からレアル・マドリーへの移籍希望を公言しており、先月にも「移籍するなら今夏」と話し、クラブ首脳陣を慌てさせた。ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はそういった話に言及することを止め、チャンピオンズリーグに集中することを促す騒ぎにも発展している。

しかし、状況はそれほど差し迫ったものではないという。ドルトムントがオーバメヤンを売却するのは決して既定路線ではなく、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOもドイツ誌『キッカー』で「オーバメヤンを売るという圧力はない。契約は2020年まで残っている。オファーが来れば話はするが、安く売るつもりはないよ」とやすやす手放すつもりはないことを強調している。

実際にオーバメヤンが「夢のクラブ」へ行けるかどうかは、カリム・ベンゼマの去就次第とも考えられ、フランス代表FWが不調に陥れば、フロレンティーノ・ペレスらクラブ首脳陣は快足FWの説得に動き出す必要がある。一方で、ドルトムントは最低でも7000万ユーロを求めるとされ、レアル・マドリーとはいえ、27歳のFWに出す金額としては決してお得な部類ではないだろう。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング