News サッカーニュース

休養となった名古屋の小倉隆史GM兼監督。選手たちに「力不足のところを、わびました」

2016年8月23日(火) 17:25 

 
 名古屋が23日、小倉隆史GM兼監督が同日をもって休養することが決定したと発表した。

 23日の練習前に小倉監督は囲み取材に応じ、「大改革の年、位置付けとして、GM兼監督として、いろいろな憶測が飛び交う中で、期待してもらってスタートした中、こういった結果、このような状況になってしまっていること、自分の力のなさに、ファン・サポーター、選手、スタッフも含めて応援して下さるみなさんに本当に申し訳なく思う」と無念さをにじませた。

 練習前のミーティングで休養になることを選手たちに伝え、「監督という立ち位置のところで、良いガイドができなかったなと。力不足のところを、わびました。ただ、スタッフも含めて、選手たちは一生懸命やってくれたので、『感謝しています』と話した」(小倉監督)。

 今後については白紙であることを明かし、「ちょっとゆっくり考えたいと思います」と語った。

(提供元:速サカ編集部)

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング